お気軽に
お問い合わせください

無料
カウンセリング
お問い合わせ
資料請求

MENU

News & Blogお知らせ・ブログ

ブログ

仮交際期間をどう過ごすべきなのか!

みえふぅの麻生です。

IBJではお見合いが終わった後、お互いのことを気に入れば仮交際がスタートします。

成婚までの交際期間は基本3カ月というルールもありますが、仮交際期間であれば何人とでも交際できます。

結婚についてより深く考える真剣交際に移行できるのは、一人なので、それまでに絞っていく流れになります。

この仮交際を「浮気みたい嫌だ…」などと抵抗感を示す人もいらっしゃいますが、全くの誤解です。

一般的な恋愛でいうと、付き合うか判断する前に何度かデートを重ねる期間に過ぎないのです。

効率よく婚活を終わらせるためには、短期間でできる限り多くの異性とお会いできるこの複数交際を上手く活用するのがカギにもなりますが、失敗する原因にもなる諸刃の剣です

失敗するパターンとしては、特に異性から人気のある方に多いのですが、複数交際して誰とも決めきれず時間を無駄にしてしまうというものです。

一人ひとり良い部分と悪い部分が違うので、単純比較なんてできません。

複数人とズルズルと仮交際を続けた結果、「全員なんか違うなぁ…」と誰も選べないまま、全員と交際終了するというケースも珍しくありません。

これはその人にとっても相手にとっても、貴重な若さの浪費であり、不幸でしかありません。

複数人と仮交際をされるのであれば、それぞれの相手に対して見切りをつける期間は3回、ないし一カ月を目安に定め、密度の濃い時間を過ごすことを意識してください。

相手が複数交際をしている可能性も考える

仮交際中は、あなた自身が複数交際をしていなくても、相手が複数交際をしている可能性も考慮する必要はあります

真剣交際に進めるのは一人だけなので、そこを無視すべきではありません。

では、どうしていくべきかアドバイスをすると

他のライバルに差をつけるために、とにかく相手との接点を増やし、あなたの優先順位を上げましょう!

LINEでマメに連絡するのはもちろんですが、一日デートをするのは難しくても、お互いの仕事上がりに食事の約束をするなど、短い時間でもとにかく直接会って話をするために、積極的にお誘いをすべきです。

相手も仕事をしている以上、交際に使える時間は限られています。

そうすることで、必然的にあなたの優先順位は上がっていきます。

人間は接触回数が増えるほど、親近感が増す生き物です。

これを「ザイアンスの法則」ともいいます。

何度かお会いするうちに、チャンスがあればストレートに自分から好意を伝えて真剣交際へ移行すべきです

なにも、これは男性に限った話ではありません。

女性も待っているばかりでは、積極的なライバルに相手を取られてしまうからです。

婚活では、恋愛のようにわざとじらすといった「駆け引き」は必要ありません

とにかく誠実に、あなたと結婚を視野に入れた真剣なお付き合いがしたいと伝えられるのがベストです。

結婚を視野に入れた相手と意識している相手と感じられているのなら、少なからず、その言葉は心に響くはず。

もし響かないのであれば、それだけのお相手だったと、キッパリ諦めて再スタートです。

関係が壊れて、交際終了になることを恐れる余り消極的になってしまい、伝えるべきことを伝えられず、ライバルに当たり負けするというのは余りに悔しいです。

また、「この人!」と思える人が現れたのであれば、「保険」をかけるようなことを考えず、一人に集中して交際した方が上手くいくケースも少なくありません。

限られた時間を分散して使うことで深い交際ができないまま、終わってしまうことがあるからです。

あなたが欲しいのはデートをする相手ではなく、結婚相手のはずだから強い気持ちで頑張ってください!

アドバイザーのサポートをフル活用しましょう!

これで、複数交際というシステムを上手く活用する必要があるのはご理解頂けたと思います。

しかし、先ほど述べたようなことを一人で正確に判断することは難しいです。

一人で判断しようとすると、相手に複数交際している異性がいるのではないかと、疑心暗鬼になって自滅したり、逆に慢心してライバルに当たり負けする可能性があります。

せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうのは絶対に避けましょう。

だからこそ、私たち結婚相談所のアドバイザーのサポートが必要なのです。

仮交際期間を制するためには、できる限り交際状況の詳細をアドバイザーと共有するなど、連携を密にとることがとても大切です。

自分一人で考えて行動せずに、アドバイザーと二人三脚でゴールをめざす。

定石こそが最高の戦術足りえると思います。

ご参考になればなによりです。

一覧にもどる

TOP